忍者ブログ

時々+

ブログ

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拍手の返事が大変遅くなり申し訳ありません。
いつも、拍手、一言メッセ、コメント
嬉しく拝見させていただいています。
ありがとうございます。

返答不要の方も有難うございます!
嬉しいです。本当に、有難う御座います。
更新、遅くなるかもしれませんが、
完結目指し頑張ります。有難うございます!




2013/10/22
★日本に帰るまで~の方
三年越しの返信申し訳ありません。
なろうで連載していた、日本に帰るまで~を読んでいただきありがとうございます。
私の中で、なろうでよく出てくる、異世界トリップした少年少女をイメージして書きました。
なのでうざいガキ共と言う感じを前面に出しました(笑)
後半から好感を持っていただけたようで良かったです^^
婚約者は色々と策略していたのであんな感じの行動をとっていました。
でも、一応ハッピーエンドになっているので楽しんでいただけたら幸いです。
ありがとうございました。


2013/11/19
★榛名さん
三年越しの返信、申し訳ありません。

日本に帰るまでをお読みいただき有難う御座います。
昴たちは、中学二年生ですので、リアル中二病です。
色々問題を引き起こし、彩音に迷惑をかけていましたが彼らなりに頑張った結果なのです。
正直初めは、彩音の披露宴をあげて三人は無事に帰るほのぼのの話を目指していたのですが、
どこをどう間違ったのか、あんな感じになりました(笑)
昴も汚名返上出来たようで良かったです。
ヤンデレ系男子ばかり!?
あれ;。シューアムはヤンデレ系に属するのですね。
ダルノは病んでいますが、シューアムをヤンデレのつもりで書いていなかったので吃驚しましたw
彩音が気づかないうちに、周りから懐柔していき、最後は自分を切り離すことが出来ないように負い目を感じさせて一緒に居ようとする。
うん、ヤンデレ系でしたね!
私も、周りがヤンデレ系は嫌ですね。
日本に帰るまでを楽しんで読んでいただけてうれしいです。
ありがとうございました。

2013/12/26

★いつ迄でも~の方

返信が遅くなり大変申し訳ありません。
更新が毎度遅くなり申し訳ありません。
楽しんでいただけるように、更新していきたいと思います。
ありがとうございます。

2014/01/10
★なりきり女神が大好きで~の方
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
なりきり女神楽しんでいただけてうれしいです。
主人公を気にっていただけて嬉しいです。
どS女神を書くのは私も楽しかったです(笑)
ありがとうございました。


2014/01/22

★めぐみさん
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
読んでいただき有難うございます!
喜んでいただけて、嬉しい限りです。
ありがとうございます。

2014/10/10

★柘榴石さん
返信が大変遅くなく申し訳ありません。
いつもありがとうございます。
神華を一からお読み頂き有難う御座います。
犯人がわかった状態で読むと、ほんとうに調子いい人たちですよね。
護とかなんとかいっときながら、やってることは最低ですからね;
大輝と祥子は誕生日八月なので誕生日迎えています。
きっと麗華の覚醒後の誕生日なのでみんなで祝ったのでしょうね。
神華お読みいただい有難うございます。

2014/11/25
★蒼さん
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
初めまして。なろうからようこそいらっしゃいました。
なりきり女神をお読みいただき有難う御座います。
33日一話しか載せていませんものね;
申し訳ありません。一応、内容は決まっているのですが…;
そのうち、また続きを書かせていただきたいと思います。
楽しんでいただけたようで幸いです。
ありがとうございます。

2015/08/22
★3日間のほうをなろうで~
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
なりきり女神を読んでいただき有難うございます。
楽しんで頂けてうれしい限りです。
33日間いつか続きがかけるようにしたいと思います。
お待たせして申し訳ありません。

2015/10/30
★ゆりさん

返信が大変おそくなり申し訳ありません。
ファンレター有難うございます^^
喜んで頂けて幸いです。嬉しいです。
ありがとう御座います。

2015/11/09
★柘榴石さん
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
麗華が来なかった教室ではいろいろひと悶着がありました。
そのことについてはそのうち書こうと思っています^^
彰華が副会長をやっているので、そのため女子の守護家たちは
皆、生徒会に入っています。

登世子はまぁ色々ありまして。
陰の神華だったら、何をしてもいいと本気で思っていたようです^^;
一応、藤森家の血族なので、これから一生華守市で飼い殺しが待っているので
ちょっとでも抵抗したいようですね。
どういう結末を迎えるかはおいおい書いていきたいと思います。

おっしゃる通り麗華は術者にとって、格好の獲物でしょうね。
いくらでも騙せそうな、お人よしなところがあるので、
高校生のうちにゲット出来たら、藤森家ともつながりが作れるし美味しいとところだらけです。
モテキ到来ですね!w
でも、その辺は守護家ががっしりガードすると思います(笑)

麗華の神華としての術は、藤森家の結界をせっせと直している時ですね。
祥子はこれから、二人並んだ写真を撮れると、寮生活を張り切っていると思います(笑)

楽しんでいただけてうれしいです。
ありがとうございます。

2016/01/09
★ちひろさん
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
神華楽しみにしていただき有難う御座います。
年内の更新、ちょっとあると思います;
いや、もう今更返答で申し訳ありません。
楽しんでいただけてうれしい限りです。
ありがとうございます。

2016/03/07
★ちひろさん
返信が大変遅くなり申し訳ありません。
更新遅れていまして、大変申し訳ありません。
楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。
ありがとうございます。

2016/11/27
★かなこさん
神華お読みいただき有難う御座います。
大変お待たせいたしました。
楽しんでいただけてうれしい限りです。
ありがとうございます。

2016/11/28
★柘榴石さん
大変お待たせいたしました。
更新喜んでいただけてうれしいです。
毎日通っていただいていたようで、有難うございます。
いやいや、もう。何の変化もないサイトに
毎日、通わせてしまっていたと思うと私の方こそ申し訳なくて;
式神君といっしょにお腹でも叩いてます(笑)

二章は『麗華に女友達を!』と隠れテーマであるので
女子陣と交流がちょこちょこ出てきます。
湖ノ葉は小柄で大きな本をなぜか持ち歩いている感じの子です。
運動神経もいいです。あまり自己主張しない子ですが、手助けはさりげなくやって行く感じです。
守護家女子陣にとって、神華じゃない麗華は、きっと邪魔者でしょうしね。
彰華が何かと麗華の事気にかけてるし、普通の親戚だったら、今と態度違うと思います。
神華であるから、進んで世話をしている感じです。
女子って一人だと優しいいい子でも、集まると怖くなる時あるじゃないですか。
女子陣はそんな感じの代表ですね(笑)女子の嫉妬は恐いのです…。

火山姉弟は、麻美がしっかり者なので弟をしつけるのも自分の役目と思っているので、ちゃんと叱ります。大輝も反抗しつつも、麻美を姉と慕っているようです。真司の金子家と火山家は家族仲は良好ですね。

華神剣の儀式は陰の守護家の憧れだったので、いつも彰華と陽の守護家がやっているのを指をくわえていいなーと見ていたでしょうね。
飢餓状態の蓮がどんな感じで、華神剣の儀式を執り行うか楽しみにしていただけたら嬉しいです^^
この話、一部15禁だし! 二章からはそっち方面を、いろいろと。ええ。いろいろ!(笑)

痛いのは嫌ですよね。
彰華としかその痛みを共有できないとなると、二人の関係は強くなるのかな。
今は繋がりが切れていますが、元々、神華は陰陽、二人で一人なので。
歴代の神華たちの絆は強いものだったと思います。
麗華と彰華は、どうでしょうね。ん~。ご想像にお任せします(笑)

優斗の占いは百発百中なので、当たります。
ばっちり、麗華に心労ができました。
心労をどう改善するかは彼らに頑張ってもらいます。

式神を突然消された、莉奈は麗華の力を甘く見ていたので、消滅させられ驚いたと思います。
その辺の莉奈の感想もそのうち書けたらいいなと思っています^^

楽しんでいただけて嬉しい限りです。
ありがとうございました。



★久しぶりの更新~の方
更新大変お待たせいたしました。
喜んでいただけて何よりです。
楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

PR
カレンダー
  • 06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
本棚
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 時々+ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]